Archive for the ‘日常コラム’ Category

先天の元気と後天の元気

2017-01-19

先天の元気とは親からもらった元気をいう。遺伝子、エネルギー、体質等総合的に受け継いだものを言う。それは臓器でいうと腎臓であり、命門とも言う。基本的にこの先天の元気の腎がしっかりしていると、丈夫であり元気です。これは骨も支配していますから、骨も丈夫で太いです。精力的にも動けます。

そして後天の元気は生まれてから後の事、つまり、口から飲食物が入り大気、空気が入っていくのです。それを支配しているのは脾です。どのような物を取るかにより、体は変化していきます。あらゆる食べ物をとることで元気になるのです。

この二つの元気が人間の源であり、エネルギーの根源なのです。親からもらった元気は変えられませんが、例え弱くても後天の元気をいかに取るかによって、弱い体でも変えることはできます。先天の元気の腎、後天の元気の脾は重要な臓器で、丈夫にしなければなりません。体を使いすぎたり、飲食物を取りすぎたりすると、腎脾に影響がでてきます。元気で長生きする人は、腎脾が丈夫なのです。病気になりにくい体なのかもしれません。

医事雑談

2017-01-03

人間は病気では死なない。人間は本来は人生を全うして、心身ともに使いはたして、五臓六腑の機能がしなくなり、老衰という名の下に死んでいくのである。これが本当の姿なのであるが、人生には途中で様々な事が起こり、心身にダメージを受け、それが回復しないで又なんらかのダメージを受けて病気へと変化して死んでしまうのです。

しかし人間は自然に回復する力をもっているのです。その能力をダメにしている現代社会が発達すればするほどに衰えていく人間、病気になりやすい社会、それは自然の法則からかなりずれているのです。病になるのは当然です。人間は五感が鋭かったのです。身を守るため、食を得るため、気候を察知する為それを五感で感じ取って生きてきました。

五感は使うことにより磨かれる。何もない自然の状態の中に身を置くと、自然界の音、静寂という音が聞こえ、又生命の息吹も感じられます。これは都会の雑踏のなかでは解かりません。これはなかなかできませんが、それでも少しでも自然に近い状態にしていることが、人間の本来の力を出すことができるのです。

現代は益々病気が増えております。治らない病、新しい病、次々と新薬ができ、医療技術も向上していますが、なぜ病は減らないのでしょうか不思議です。ある医者の言葉で女性は20代は病気はしない、しても直ぐに治るといいます。それは20代は子供を産むからです。子供を産むためには体が健康でなければなりません。体力があってこそ出産ができるのです。エネルギーが満ち溢れているのです。

だから病気にはならないのだと思います。人間は何のために生き、そして死んでいくのか、人気らしく生き、自然に生き、素直に生き本来の姿にもどることは難しいことなのでしょうか。ゆつくりと、もっと歩く速度を緩めると、周りの景色も良く見えます。そしてその景色を楽しみながら、前に進むと新しい発見が見つかるかもしれません。

瞑想のすすめ

2016-12-22

瞑想は目を閉じて雑念を去り静かに深く考えることと辞典にはあります。
しかしなかなかこれができません。それは当り前なことで人間だれもそうです。

そこでできるだけどうしたらできるか、それに近づけるかを考えました。
先ず鼻先で息をしている動作を気にすることです。

それは眉間との繋がりで、息を出し入れすると同時に鼻の上方にも気が向きます。
それは眉間を集中するのと重なり、より集中できるのです。それでも他の事が脳裏にでてきます。

それにかまわず呼吸を意識すると又集中できます。
それを繰り返していくと自分の回りの事がなんとなく良い状況になる感じがします。

気のせいかもしれませんが良いと思います。

邪念を少しでも取るのです。

心をとりもどすのです。

是非試してみてください。

随想

2016-10-03

今年7月に山陰地方に2泊3日で久しぶりに、友人夫婦と出かけてきました。なかなか思いきらないといけないと思い決心した次第です。往復共飛行機のトラブルがありましたが、非日常の生活を楽しみながらの姫路城、鳥取砂丘、出雲大社、足立美術館と廻り無事帰ることがどきました。日本のあちこちには千年以上の歴史あるものがあり、それらを実際に目にするとそれは驚きであり、又日本の伝統ある歴史に誇りをおぼえます。世界的にみてもすばらしいものです。今回は小学校以来の友人との語り合いながらの旅であり、気楽で楽しいものでした。又機会を作りあちこちに出かけて、日本を再発見し人生を楽しみたいと思います。

明けましておめでとう。今年も又よろしくお願いします。

2016-01-14

今の日本は平均寿命が延びて世界一になりました。しかし、病による寝たきりの人や認知症になったり、年齢がすすむに従って様々な病になり、医療費の負担も大変です。いまや国家予算の3分の1位になります。こうした中でいかに健康で長生きし天寿を全うするかが、だれもが思うところです。健康でいることはなににもまして最高の価値があり、基本的財産なのです。健康であればいつでも働けるし、死ぬ直前まで働けます。人間は本来普通に生活していれば、病気にはならずなってもすぐに治るのです。何らかの作用が身体にかかり過ぎた場合、その反動として何かの信号を身体のあちこちから出して知らせるのです。それを無視していると、いつかはもっとひどい状態にしてしまうのです。その時は抵抗力はなく病に立ち向かっていく元気はないのです。

 

そこで常日頃から身体の調整をしていくことがいかに大切なことであるかなのです。お灸をすると白血球が増加することは科学的に証明されています。つまり免疫力がつくことです。それはあらゆる病に対して抵抗力があり、病になりにくいということです。お灸での予防治療は五臓六腑のそれぞれの機能強化を図り、新陳代謝を促し、全身の気血の流れを良くし、日常生活がスムーズに出来るようにすることです。お灸は全身を診察した後、五臓を中心に重要なツボに灸をすえるのです。そうすることによって五臓の働きを正常に保ち病気になりにくい状態にすることができるのです。病気になってから治療するのは時間がかかりなかなか治りにくく大変です。予防治療こそ最も重要であり、医療費を低くおさえることができるのです。お灸は日本に伝来して1500年以上経っています。こんなに長く続いている医療は世界中どこにもありません。今や日本の誇る最高の医療なのです。

ガンの予防

2015-09-17

癌は簡単に言うと塊です。其の塊が大きくなり正常な細胞を癌細胞に変化させていくのです。そしてそれがあらゆる身体の機能を麻痺させ、不能にして結局死に追いやるのです。では何故癌になるのか、それはまず人間は肉体と精神から成立しています。肉体は精神が支配し、その影響が強いのです。年齢を重ねても肉体も衰えても精神はそれほど衰えません。つまり精神がいかに大事かということです。それは東洋医学的に言うと氣です。氣がいかに安定し、落ち着いているかが肉体が健康状態を保てるかにかかわってくるのです。例えば気が少しでも不安定になると夜眠れなかったり、イライラして落ちつかなかったり、もっとひどくなると胃潰瘍や鬱病になったりします。

 

最悪は癌です。氣が安定しないと氣の流れが悪くなり、滞りが生じます。これを氣滞といいます。この氣滞が長引くと血の流れも必然的に悪くなり、?血と言って塊が生じやすくなり代謝が悪くなります。当然細胞は硬くなります。癌化のはじまりです。氣を安定させるにはどうしたらいいのか?

 

例えば気持がいいとか、気分がいいとか、気がはればれするとか、心がほぐれる様なことをすると氣もほぐれ安定するのです。笑う、楽しいこと、好きなことをする、体を動かすこと、歌う、おしゃべり、深呼吸そして鍼治療等をしていると自然と体がほぐれリラックスし、心が安定してくるのです。要するに体の中に悪い気を溜めず、常に外に向かって出している事が大切です。悪い気とはマイナスイメ―ジです。心配しすぎたり、クヨクヨしたり、怒ったり、不平不満を抱いていることです。病は様々なものがありますが、現代社会においては、癌は究極の病ではないかと思います。しかし、癌はなかなか治りにくい病ですが心掛け次第で、そんなに恐ろしい病気ではないと思います。

熊に遭遇

2015-09-14

先日塩原にある沢に今年最後の釣行に行きました。いつも道理のんびりとした気分で川に入り釣りの準備をしていると崖の上の方からテンが川まで降りてきて我々に氣付き急いで又崖をすばやく登って行きました。

 

それから釣りはじめ2時間位経ったころ、川の中に立っていたら突然3m位の上から体長1m50㎝位の熊が急いよく川に降りてきました。びっくりして襲われるのではないかと思い一瞬ハッとして身動きができませんでしたが、熊も私に氣付かずに降りてきたので、私に氣ずくや否やびっくりして一瞬飛び跳ねて急いで崖をよじ登り逃げていきました。

 

それから急いでポッケトから笛を取りだし力強く吹き友人に熊が出たぞ-としらせました。熊との距離はわずか3~4mあまりにも突然だったので咄嗟に笛を吹くことができず、次の行動ができず遅れてしまいました。

 

やはり山は何がおきるか分からないので、充分に注意し用心に用心を重ねて行動しなければと思う一日でした。

五感を感じる

2015-08-20

山に入り緑の林の中、川の流れの音を聞きながら歩くと自然の中に溶け込んでいくような気持になります。山は時には息が切れる位、勾配がきつく大変な所もありますが又それも良し。汗をかき、自分の肉体精神を浄化するのには良い所ではないかとおもいます。

耳を澄ませば野鳥のさえずり、鹿の鳴き声を遠くに聞き、獣道を歩きながら動物の足跡を確認し、時には鹿と出会い、リス、サル、テン、熊を見たりすると彼らが自然の中で生きていることに感激します。このような感じで時々山に入り何も考えず、只ひたすらに山の息吹を肌で感じ、本来の自分の姿をとりもどせたらと思います。

旬のものを摂る

2015-08-02

日本には季節によって様々な食べ物がとれます。春には春の物、夏には夏の物、それぞれ味も香りもちがいます。
今がいちばんの食べ頃というのがあり、その時に食べるのが最高においしいし、体にいちばん合っているということです。
季節のものを食べる事により、その季節を味わい、その季節を楽しむこれが日本にしかない、最高の贅沢なのかもしれません。

鍼灸医師

2015-07-03

我々鍼灸師は医師とは呼称されていませ ん。動物を治療する人は獣医師です。ここに違和感を感じます。鍼灸師は人間を対象にしています。動物を対象にしている方は医師の名称をつけ、人間を対象にしている方はそれがありません。人間を扱う方が動物を扱う方よりも軽いとは世の中変わったものです。

« Older Entries Newer Entries »
Copyright© 2014 宇都宮市の鍼灸【はり・灸】なら相田鍼灸院へ All Rights Reserved.