パニック障害の治療

2015-06-10

平成27年5月 パニック障害 30代男性

 

5年前飲食店に上司にむりやり食事に誘われ時に、嘔気が生じ手が震えるようになる。それから家族との外食でも同じようになり、最近は仕事が終わった後に手の痺れ、過呼吸、耳鳴り、めまいがし酒を飲んでも眠れない。他に下痢が10年位続く。診ると瞼戦、舌戦少しある。外反母趾脾募、脾愉、腎愉、胃愉虚、舌右辺苔薄い、肝気虚、脾虚と判断し百会、右公孫に鍼をする。その日より眠れるようになり、下痢もやや塊ができてくる。食欲が出て外食1回するが吐かず調子は良いとの事、4回治療その後来院せず。

Copyright© 2014 宇都宮市の鍼灸【はり・灸】なら相田鍼灸院へ All Rights Reserved.