左五十肩と両手の指へバーデン結節の治療

2015-05-28

左五十肩と両手指へバーデン結節

 

平成27年1月 60代女性

 

1ヶ月前より左肩の挙上困難と夜間痛がありなかなか治らない。又5年前より両手指へバーデン結節ができ、朝起きたとき手指のこわばりがあり、腫れて痛い、身の周りの人の世話が続けざまにあり疲労がかさなる。全体に背部の筋肉は硬く、指の結節圧痛もある。肝気の不疏のために筋が硬くなり、気血の流れが悪くなり痛みが発症したものと診る。左足の太衝に鍼をし筋を緩め、指の腫れをとるために直接指の関節に鍼をする。3回の治療で肩の痛み、動きは9割方とれて、朝の手のこわばりもなくなる。まだ手指の痛みは少し残る程度で、その後時々診る程度で順調に回復。

Copyright© 2014 宇都宮市の鍼灸【はり・灸】なら相田鍼灸院へ All Rights Reserved.