3月, 2018年

健康を買う自分に投資

2018-03-25

物を買うのと同じ感覚で健康を買うのです。健康な心と体は莫大な財産を持っているともいえます。
健康であれば働くことができ、収入を得る事ができます。それは無限の可能性があるからです。

今やスポーツジムに通ったり、健康教室に行ったりして様々な体に良いことをしている人が増えています。
それはみんな自分の体を健康にしたいからです。病気を予防したいのです。
健康であれば死ぬまで普通の生活ができる、何でもできるそれが大事なことなのです。

健康な状態とは気血の流れが滞りなく流れていることです。気血の流れが滞ると、栄養や酸素が全身に廻らなくなり、それぞれの機能が働かなくなるのです。自分の体に色々な刺激をして気血の流れを良くする事は、体に投資することでもあります。自分の体が一番大事なことですから自分に投資をするのです。これが最高の投資となるのです。

逆子の症例

2018-03-18

逆子 平成30年1月26日 39歳 初産
  
33周目に来院 胎動はあるがなかなか治らず、他に便秘気味、腹の張り、就寝中全身に力が入る。
肝腎陽虚としてお灸で三陰交、右至陰に5壮、2回目に命門に20壮、右至陰に10壮、3回目に命門に50壮、百会に10壮し次の日に治る。その後安産の為にお灸を、週1回のペースで4回治療し、予定日に無事出産しました。

3月臨時休診のお知らせ

2018-03-08

誠に勝手ながら3/13(火)は午前中休診となります。午後2時より診療致します。
患者様にはご迷惑をおかけいたしますがご了承の程お願い致します。

先天の元気

2018-03-08

先天の元気とは元々ある元気であり、親から受け継いだエネルギーでもある。先天の元気が充分で
基礎的な体がしっかりしていると、発育はより盛んになり丈夫になる。
又、後天の元気は生まれてから後、口から食物を得ることにより、それがエネルギーになり丈夫な体をつくり
成長していく。この二つの先天と後天の元気が備わって居れば、一生涯元気に過ごすことができるでしょう。
ただいくら先天の元気が良くても、後天、つまり飲食の不摂生があると、段々と体調は弱ってきます。
逆に先天の元気が弱っていても、後天の元気である飲食に注意して行けば、丈夫な体になることができます。
先天の元気は腎精にあり、後天の元気は脾胃にある。どちらも生命力があるかが問題でこれを高めるように、
注意していけば大きな病気にはならずに、過ごす事ができるでしょう。

花粉症診察

2018-03-01

平成30年2月14日 女性 9歳
3歳頃より春秋に目のかゆみ、鼻水が出、温度差でも鼻水が多く出る。夜中も鼻をかむ為屑かごが鼻かみでいっぱいになる。又、春秋の夜中に鼻血が出ひどいと10分位止まらず。緊張すると腹が痛くなり下痢気味になる。寒くても下痢になる。診ると、背部右側、肝兪、腎兪付近が左より硬い、右脾兪も硬い、頸部の張り、足左太衝に圧痛、腹部左側張りくすがる。舌診は全体に紅点がある。

肝脾陰虚と診て、打鍼にて右肝兪、左太衝に瀉法、1回の治療で鼻水あまり出ず、3回でほぼ完治。
花粉症は春の肝木が強くなりすぎ、逆に脾土が弱くなるパターンなので肝木を叩く事が第一となります。
常に食べ過ぎに注意し、胃に負担をかけないことが大事かと思います。

Copyright© 2014 宇都宮市の鍼灸【はり・灸】なら相田鍼灸院へ All Rights Reserved.