先天の元気

2018-03-08

先天の元気とは元々ある元気であり、親から受け継いだエネルギーでもある。先天の元気が充分で
基礎的な体がしっかりしていると、発育はより盛んになり丈夫になる。
又、後天の元気は生まれてから後、口から食物を得ることにより、それがエネルギーになり丈夫な体をつくり
成長していく。この二つの先天と後天の元気が備わって居れば、一生涯元気に過ごすことができるでしょう。
ただいくら先天の元気が良くても、後天、つまり飲食の不摂生があると、段々と体調は弱ってきます。
逆に先天の元気が弱っていても、後天の元気である飲食に注意して行けば、丈夫な体になることができます。
先天の元気は腎精にあり、後天の元気は脾胃にある。どちらも生命力があるかが問題でこれを高めるように、
注意していけば大きな病気にはならずに、過ごす事ができるでしょう。

Copyright© 2014 宇都宮市の鍼灸【はり・灸】なら相田鍼灸院へ All Rights Reserved.