良い気悪い気

2018-02-08

人間は気の固まりである。否地球上の全ての物質は気の固まりである。我々はタマタマ人間という形の気の固まりになり、地球上に存在するようになったのである。気の固まりは様々な物質を創り、それぞれが様々な役目、働きをもってこの世に存在し、何かの役に立っているのである。それは目に見えない価値あるものもあります。その中で人間という他の物質とは全く違う生物が生じ、地球上で一番活発に動いているのである。さて今その人間が厄介なことは、人間であるがゆえの問題である。

人間は高等動物と言われていますが良くもあり悪くもありで、良い気の廻りが働けば、すばらしい人格者になるし健康人にもなる。又悪い気が働けば悪人とか病気にもなってしまう。最初は同じ気でも段々と隔たりが出て、長い間には大きな差になってしまう。何故か例えば病気になる人、健康になる人の違いは何か病気になる人は、色々原因はありますが人間を創っているのは気という事を考えると、気の使い方に左右されてどのようにでもなってしまうのではないかと思われます。

気は人を動かすとも言います。良い気が廻り始めれば、悪い気はその分少なくなります。良いこと、楽しいことプラス思考に変える事によって、段々とそれが本物になり人間らしく成長していくのです。気とは目に見えないものでありますが、非常に大切なもので
全てに関わっているのであります。

Copyright© 2014 宇都宮市の鍼灸【はり・灸】なら相田鍼灸院へ All Rights Reserved.