瞑想のすすめ

2016-12-22

瞑想は目を閉じて雑念を去り静かに深く考えることと辞典にはあります。
しかしなかなかこれができません。それは当り前なことで人間だれもそうです。

そこでできるだけどうしたらできるか、それに近づけるかを考えました。
先ず鼻先で息をしている動作を気にすることです。

それは眉間との繋がりで、息を出し入れすると同時に鼻の上方にも気が向きます。
それは眉間を集中するのと重なり、より集中できるのです。それでも他の事が脳裏にでてきます。

それにかまわず呼吸を意識すると又集中できます。
それを繰り返していくと自分の回りの事がなんとなく良い状況になる感じがします。

気のせいかもしれませんが良いと思います。

邪念を少しでも取るのです。

心をとりもどすのです。

是非試してみてください。

Copyright© 2014 宇都宮市の鍼灸【はり・灸】なら相田鍼灸院へ All Rights Reserved.