腹八分目に医者いらず

2015-01-26

昔から腹八分は医者いらずといいます。飲食物を八分目に食べていれば胃によけいな負担はなく、いつも余裕をもって働くことができます。わかりやすくいえば、毎日残業をしなくてすむのてす。これは体力に余裕があり働くことが苦にならないのです。腹八分は他の全てのことに共通することで、何事もほどほどにしていれは゛そんなに悪化することはないのです。若い時は多少無理をしてもそんなに体に負担はありませんが、40歳を過ぎた頃より少しずつ体力は落ちて無理はできなくなってきます。ですから気がついたら今からでもおそくありませんので、腹八分目を気をつけてみると良いとおもいます。

Copyright© 2014 宇都宮市の鍼灸【はり・灸】なら相田鍼灸院へ All Rights Reserved.