人間は弱い

2017-02-02

人は今まで様々な物を生み出し発明し、便利な世の中を作ってきました。それによる恩恵は計り知れないものがあります。物が豊かになると物欲が生じ、それに伴う金銭欲が生まれ、又支配欲も生じます。その結果格差社会になります。人間は生物のなかではいちばん優秀であると思っています。

しかし、人が人を殺したり騙したりしてきた歴史を繰り返しているのをみると、本当に優秀な生き物ですか。他の動物は弱肉強食で生き残ってきました。しかし、それはよけいには殺さず、ただ生きる為のみにしてきた行為です。食糧があれば相手を傷つけたり殺したりしません。満腹になれば何も起りません。

人間はどうでしょう、欲に欲を重ね際限なく続きます。現代社会はさらにひどい状態になっています。物欲が満たされると、逆に精神的に弱く不安定な状態になり、心身ともにバランスが崩れ、本来の健康的な人間の姿になれなくなってきているのです。

人間はもっと自然に帰るべきだと思います。少しぐらい不足していても良い、少しぐらい不便でもいい、少しぐらい空腹でもいい、そういう心の余裕があればストレス社会を減らし、気持が楽になり、平和で穏やかな世の中になります。

Copyright© 2014 宇都宮市の鍼灸【はり・灸】なら相田鍼灸院へ All Rights Reserved.