医事雑談

2017-01-03

人間は病気では死なない。人間は本来は人生を全うして、心身ともに使いはたして、五臓六腑の機能がしなくなり、老衰という名の下に死んでいくのである。これが本当の姿なのであるが、人生には途中で様々な事が起こり、心身にダメージを受け、それが回復しないで又なんらかのダメージを受けて病気へと変化して死んでしまうのです。

しかし人間は自然に回復する力をもっているのです。その能力をダメにしている現代社会が発達すればするほどに衰えていく人間、病気になりやすい社会、それは自然の法則からかなりずれているのです。病になるのは当然です。人間は五感が鋭かったのです。身を守るため、食を得るため、気候を察知する為それを五感で感じ取って生きてきました。

五感は使うことにより磨かれる。何もない自然の状態の中に身を置くと、自然界の音、静寂という音が聞こえ、又生命の息吹も感じられます。これは都会の雑踏のなかでは解かりません。これはなかなかできませんが、それでも少しでも自然に近い状態にしていることが、人間の本来の力を出すことができるのです。

現代は益々病気が増えております。治らない病、新しい病、次々と新薬ができ、医療技術も向上していますが、なぜ病は減らないのでしょうか不思議です。ある医者の言葉で女性は20代は病気はしない、しても直ぐに治るといいます。それは20代は子供を産むからです。子供を産むためには体が健康でなければなりません。体力があってこそ出産ができるのです。エネルギーが満ち溢れているのです。

だから病気にはならないのだと思います。人間は何のために生き、そして死んでいくのか、人気らしく生き、自然に生き、素直に生き本来の姿にもどることは難しいことなのでしょうか。ゆつくりと、もっと歩く速度を緩めると、周りの景色も良く見えます。そしてその景色を楽しみながら、前に進むと新しい発見が見つかるかもしれません。

Copyright© 2014 宇都宮市の鍼灸【はり・灸】なら相田鍼灸院へ All Rights Reserved.