2月, 2019年

命門の火

2019-02-28

命門の火とは腎のエネルギーのことである。
腎は先天の氣であり親から受け継いだ氣である。腎のエネルギーが強い人は丈夫であり熱が強い。
子供は成長が早く、体のあらゆる細胞の働きが早いので、体温も高く暖かい。
命門の火が弱いと体は冷え、エネルギーが弱くなるので体力もなく、元気も出ない。
夜中にトイレに起きるとか、様々な症状が゛出てくる事自体が、何らかの繋がりで腎と関連が
あるので注意が必要です。加齢は腎の衰えでもあるのでやむをえませんが、腎の熱気を少しでも
保つ事ができれば、他の臓器にも影響しますので、丈夫な状態で日常生活を過ごすことができるとおもいます。
腎のツボは腰にあるので、基本的には腰を温めることがよいです。一番簡単なのはドライヤーでやると
直ぐに温まります。10分位やれるといいです。但し風呂の1時間前後はしない方がいいです。

2/22の診療時間は午後2時過ぎからとなります

2019-02-17

2月22日の午前中は臨時休診となります。
午後2時すぎごろより診療致します。

Copyright© 2014 宇都宮市の鍼灸【はり・灸】なら相田鍼灸院へ All Rights Reserved.