症例 顔面神経麻痺

2021-10-02

令和3年9月 20代 男性 体重120キロ

4日前より左顔面に違和感が生じ、左マブタが完全に閉じず、食べた時ごはんが左側に溜まる、口を閉じ膨らませた時左より空気が漏れる。左顔面に力が入らない。他に最近疲れて体がだるい。アレルギーがありモモを食べると口の周りと喉が腫れる。血糖180位診ると胃土、脾募圧痛張りが強い肝相火圧痛、肩頸部の張りあり。左内庭、第二内庭、百会、左陰稜線圧痛。食べ過ぎによる脾氣の流れが悪くなり、そこに疲労が重なり発症。脾氣の流れと疲労回復を図る。脾気虚として、  百会、左内庭、左後谿に置鍼治療中にマブタが少し和らぐ、5回位でほぼ9割以上良くなるが、まだ胃土、脾募、頸、肩の張りが残っているので、これらが良くなるまで治療継続中、疲れ、だるさはだいぶ良い。  

Copyright© 2014 宇都宮市の鍼灸【はり・灸】なら相田鍼灸院へ All Rights Reserved.