症例 両手の痺れ

2019-11-16

平成31年 2月 70代 女性

4年位前より両手の痺れがある。特に左の第1~3指の痺れがとれない。20年前車で追突される、痺れがひどいと朝方手が握れない。頸椎左側に圧痛あり、臍の左上に邪あり、2~3年手足の力が抜けるときがある。左手では洗濯物の乾きが分からない。 体の左上の気の流れが事故により悪くなり手の痺れとして発症。治療は百会、左外関、左後谿、左心兪、腎兪、頸部等をその都度とり4カ月位で右手の痺れはほとんど取れ、左手も痺れを忘れる事がある。まだ長く車を運転すると痺れがあるが、以前よりは良い。11月現在体調管理も含めて治療継続中。

Copyright© 2014 宇都宮市の鍼灸【はり・灸】なら相田鍼灸院へ All Rights Reserved.