症例 冷え症

2019-08-22

31年2月 70代 女性

胸背部全体、肘上、膝上が冷えてフラツキがある。50代よりあったがここ2年位ひどい。特に夕方が酷くてつかれる。又気温の高低差があると調子が悪い。他に花粉症が1年中ありくしゃみ、鼻水が酷い。50代で胃潰瘍をする。気色 色白ツヤなし、両脾募、両陰谷冷え、胃土、少腹冷え左肝兪、腎兪、脾兪虚75歳まで小売業をしていた。平熱は35度2分位。今までの仕事上の疲労、気づかいにより身体を使いすぎて弱って来た為体力、気力も衰え陽気不足になり様々な症状が出てきた。治療は最初は全体的に灸をして活力を高め、少しずつ冷えは良くなる。又ある時腹部打鍼術で胃土、脾募を叩いたら翌日より鼻水、くしゃみはほとんど出なくなる。その後百会、命門を中心に灸をやり少しずつ良くなるが、気温の変化で体調が悪化したりしていますが全体的には良い方向に行っています。当分の間治療継続する予定で来院しています。

Copyright© 2014 宇都宮市の鍼灸【はり・灸】なら相田鍼灸院へ All Rights Reserved.