補と瀉

2019-06-14

ツボの反応は虚と実に分けられます。つまり病態の状態が盛んであれば実の反応がツボに現れ、逆に沈んでいれば虚の反応が現れる。実の反応のツボには瀉の刺激をして、盛んになりすぎているエネルギーをとり、沈んでいるツボにはエネルギーを加えて元気にさせる補の治療をします。そうすることによって左右のツボを平の状態になることが正常なのです。毎日がストレスの中にいるとツボも乱れやすく、病になることが多くなります。常にツボをコントロールしておくことが大事かと思います。

Copyright© 2014 宇都宮市の鍼灸【はり・灸】なら相田鍼灸院へ All Rights Reserved.